花

極端な症状も治療で治せる|躁鬱病を知って改善させよう

特徴と注意点

病院

感情の変化

最近の日本では様々な場面でストレスを強く感じてしまう場面が多々あります。基本的には競争社会ですから、常に集中して相手と争わなければいけません。また、社会や学校では様々な人と関わりますが、中には自分と全く性格の合わない人と関わらなければいけない時もあります。そういった場面で強いストレスを感じると、精神が侵されていきます。精神力は人それぞれで、同じ場面でもストレスの受け方は人によって様々です。それほどストレスを感じずに適度に解消する方法を知っている人はちょっとやそっとのトラブルではビクともしないですが、中には些細なことをものすごく重大に受け止めてしまう人も居ます。そういった性格の人はどんどん精神が侵されていき、ついには心の病にかかってしまいます。躁鬱病は、そんな心の病の一つです。躁鬱病の症状としては、感情のふり幅がとても大きいというのがあります。躁鬱病の症状の一つとして、気分が凄く沈んで何もやる気が起きないというのがありますが、これは躁鬱病の症状の一つ鬱状態に陥っているときです。もう一つは異常に気分が高揚してしまっているときで、これは躁という症状になっているといえます。

時には休む

躁鬱病の中点として、最も気をつけなくてはいけないのが、感情のふり幅がとても大きいために考えが極論に、特に衝動的な自殺願望が表れやすいというのがあります。一番気を付けないといけないのが、そう状態から一気に鬱状態になってしまった時です。通常よりも異常な状態で高揚していた感情が急激に通常よりも沈んだ状態になってしまうわけですから、ものすごくネガティブな考えになってしまいます。そういったときに衝動的に自殺をしてしまおうと考えてしまい、それを勢いで実行してしまうのです。ほかに注意点としては、躁状態のときは楽しいことは避けるというものです。特に躁状態での買い物はとても危険で、際限なく買い物をしてしまい、とても返せない量の借金をしてしまうというようなこともあり得ます。躁状態になったら、できるだけ家に居るようにしましょう。また、逆に鬱になってしまった時も無理はしないようにしましょう。心が疲れているときですから、本当に無理ならば会社を休んでも構いません。また休むだけでなく、専門の医療機関を訪ねることも忘れずに行なうようにすれば、回復へと向かっていくでしょう。そこでは様々な治療が行われるので、大変な目に遭う前に、また悪化する前に少しでも異変を感じたら行くようにすべきです。