花

極端な症状も治療で治せる|躁鬱病を知って改善させよう

治療で改善できる病気

病院

鬱病との見分け難い場合も

躁鬱病の発症時の症状は躁状態の症状であるケースも鬱状態の症状であるケースも起こり得ます。しかし、一般的には鬱状態の症状で躁鬱病が発症するケースの方が多いという傾向があります。そしてこの時に注意をしなければならないのが、患者に発症した鬱状態が、鬱病による症状なのか、それとも躁鬱病による症状なのかの見分けは、症状自体が非常に似通ってしまっているため困難な場合があるという点です。なぜ同じような鬱状態の症状の要因が鬱病なのか躁鬱病なのかを見分けなければならないかといえば、躁鬱病の場合に鬱病治療と同様の抗鬱材を処方してしまうと、効果が現れにくかったり、もしくは場合によっては躁状態を誘発したり、より不安定な「急速交代型」に変化をさせてしまうといった病状をより悪化させてしまうリスクがあるからです。躁鬱病と診断された際の治療も核となるのは薬物療法なのですが、服用する薬の軸は気分安定剤で、抗鬱剤は前途の通りのリスクもあるため、通常は鬱症状が重い場合の対症療法でしか処方されないのです。このような事情があるため、鬱状態の原因が鬱病なのか、躁鬱病なのかの見分けは重要なのです。

受診は家族と一緒に

鬱状態の原因が鬱病なのか躁鬱病なのかを見分けるためのチェックポイントとして、鬱の発症が急性、つまり急激に鬱状態に入ってしまう場合、鬱状態が比較的重い場合、そして鬱状態の発症時の症状が幻覚や妄想などの精神症状を伴っている場合が挙げられます。また、躁鬱病の発症は20代がピークですので、特に20代の人で鬱症状を発症した際に前途のような特徴に当てはまる場合には躁鬱病を疑って医師を受診すべきなのです。そして、このように躁鬱病を発症しているかもしれないという疑念が生じた際はいち早く医師の診察を受けるべきなのですが、その際に工夫するべきこととして家族や身近な人と一緒に医師の診察を受ける事が挙げられます。というのも、鬱状態の重さであれば、患者自らが的確に伝えられる部分も多いです。しかし、患者の様子を普段から間近で見ている人の話も聞くことができれば、医師はより客観的な状況把握が可能だからです。このことは躁状態から躁鬱病を発症した人の場合、より顕著になります。というのも躁状態は本人に病気の自覚が生じにくい症状で、本人の自覚がないだけに、周囲の人からの証言が医師が症状を把握する上でとても役に立つのです。また、治療に入ってからの患者の症状や様子の変化を把握する上でも患者本人だけでなく、身近な人にも確認するべきポイントを把握しておいてもらった方がより的確な経過観察が可能になるというメリットもあるのです。