花

極端な症状も治療で治せる|躁鬱病を知って改善させよう

気持ちの極端な波

女医

気持ちにムラがある

躁鬱(そううつ)病とは、自分の気分の変動をコントロールできなくなる気分障害と呼ばれる症状の一つです。双極性(そうきょくせい)感情障害とも呼ばれています。文字の通り、躁鬱病の症状は躁の状態と鬱の状態が繰り返し交互に出てきます。躁の状態とは、気分が高揚しテンションが高ぶります。例えば普段物静かだった人が、急に活動的で社交的な状態になります。他にも、いつもよりよく話す・自分が偉くなったように感じる・周囲に迷惑をかける、などの症状があります。反対に鬱の状態は憂鬱でイライラする、不安な気持ちが続く、億劫である状態のことです。生活の面でも食欲低下や不眠、気力が沸かず社会的活動を送れないといった症状や問題が現れます。この憂鬱な状態が躁鬱病の鬱の症状です。最近では、テレビのニュースや雑誌などで鬱病という言葉もよく耳にする機会があるのではないでしょうか。憂鬱な気分が続き日常生活に支障をきたすようになれば鬱病、これに加えて先ほどお話しした躁の状態を繰り返すものが躁鬱病です。では、個人の中できっちり躁と鬱が半々に現れるのか、というとそうでもありません。躁鬱病の症状では、大きく分けて二種類のタイプに分かれると言われています。この違いを把握しておくことで、自分や周囲の人がどのタイプか理解できるようになるかもしれません。

知ることが第一歩

躁鬱病の症状は、大きく分けると二種類に分けられます。はっきりと躁鬱が分かれて現れる1型と、鬱の症状が大半で時々躁が現れるものが2型の二種類です。躁鬱の区別のつきやすい1型は、区別のつきにくい2型に比べて症状が重いのではっきり躁鬱が分かれます。躁鬱病では躁鬱の切り替わりの間にどちらでもない期間がありますが、1型は2型に比べてこの期間が短いです。2型は主に鬱の症状が多く、上記の躁と鬱の切り替わりのどちらでもない期間も1型に比べて長いと言われています。躁の状態が1型に比べて短いために本人も周囲も躁鬱病と気づかず鬱病と間違われることが多いのです。それぞれ同じ躁鬱病でも違いがあります。先ほど鬱病という言葉が出てきましたが、鬱の状態の鬱病では比較的に完治することが多いと言われています。しかし躁鬱病では、1型2型ともに過食や過眠に陥りやすく慢性化しやすいという特徴もあります。躁鬱と繰り返すサイクルも個人によって異なり、差があります。数か月から数年のレベルもあれば、数日で繰り返すサイクルの方もいらっしゃいます。他に、躁鬱病の症状が軽く、躁鬱病と判断されるほど強度でないものは気分循環症と呼ばれています。もしもご自身や周囲の人で思い当たる所がある方は、気軽に専門医を受診することも方法の一つです。理解してくれる人がいるだけで、安心して改善していけるものです。