男性

極端な症状も治療で治せる|躁鬱病を知って改善させよう

診断は慎重に

医者

病気の判断が大切

躁鬱病は単独で発症するうつ病より、長期的で複雑な経緯をたどっていきます。治療については安心が出来る病院で信頼ができる医師のもとで行わなければ、完治することはありません。家族も患者と協力をしあいながら病院を探したり、医師の選択を行うことが重要になってきます。この複雑で難しい躁鬱病は病院の医師との協力体制が必要不可欠になってきます。躁鬱病は診断が大変に難しく、病名が確定するまでに時間がかかることがあります。躁の症状で診断を受けるときには簡単に躁鬱病と診断することが可能ですが、躁の症状の時には本人が病気ではないと思っていますので病院に行こうとはしません。病院に診断に行く人はほとんどが鬱の症状になり自分がつらくなってからです。この時に本人に躁の症状が出た事の自覚がなければ、病院で鬱病と診断されがちになってしまいます。そのために躁鬱病が見逃されることになってしまいます。単独の鬱病と診断されれば治療の方法も躁鬱病とは違ってきます。投与される薬も違ってきます。鬱病ならば抗うつ薬を、躁鬱病ならば気分安定薬を投与することになります。

経験豊富な医師の病院へ

躁鬱病は慢性化しやすい病気で、患者によっては長期間薬を服用しなければならないこともあります。治療をする期間も長くなってくるので、病院の医師との協力体制は必要不可欠なものとなってきます。躁鬱病の情報を集めることも大切なことで、各地域にある保険センターや保健所などは地域の精神医療の情報を、最も集約している機関になります。専門の窓口も設けられており精神保健福祉士や保健師などの専門家からアドバイスを受けることができます。また電話相談もできるところもあるので積極的に活用するようにしましょう。躁鬱病の疑いがあるときには、精神科や神経科を受診するようにしてください。自分では躁の症状の自覚がないとしても、専門的な病院できちんとした診断を受けることが大切です。躁鬱病は薬の投与などの薬物療法のほかに、認知行動療法や心理療法などの治療が非常に大切な病気です。経験豊富な医師がいるとともに優秀な臨床心理士が在籍していることが、病院を選択するときの重要なポイントとなってきます。

特徴と注意点

病院

躁鬱病は心の病の一つで、心の病は現代社会の大きな問題となっています。症状としては、感情のふり幅が以上に大きくなるというもので、躁状態と撃つ場や胃に分けられます。最も注意するのは躁から欝状態になった時の衝動的な自殺願望です。いまは専門の医療機関もあるので、そこでしっかりと治療していくことが重要です。

View Detail...

躁と鬱を繰り返す精神疾患

医者

躁鬱病または双極性障害は、躁状態と鬱状態を繰り返す症状を呈する精神疾患です。両極端な状態を繰り返すため、日常生活や仕事、人間関係において支障をきたします。ほとんどの場合、治療によって改善しますが、9割以上が再発します。世界的に見ても増加傾向の強い疾患だとされています。

View Detail...

治療で改善できる病気

病院

躁鬱病にかかってしまい、最初に発症した症状が鬱状態の症状だった場合、その症状の原因が鬱病なのか躁鬱病なのかで治療法が異なりますので注意が必要です。また、躁鬱病を発症しているかもしれないという疑念が生じて医師の診察を受ける際には家族など身近な人にも一緒に診察に同行してもらう方が効果的です。

View Detail...

自身の状態を把握する

女医

躁鬱病は良くなったり悪くなったりすることがあります。また、症状にも変動が大きいため、自身はもちろんのこと、周囲の身近な人にも状態を知っておいたもらうことをお勧めします。そうすることで、人間関係に亀裂が入ることもなくなるはずです。

View Detail...

気持ちの極端な波

女医

心の病は、見た目では判断できない事がほとんどです。同じ躁鬱病でも特徴や症状の違いがあります。個人で判断されずに、ご自身の心身の健康のためにも、気になることがあれば専門医の受診をお勧めいたします。

View Detail...